みなさん、年末ジャンボ宝くじは購入しましたか?3億円当たったらどうしよう?と想像するのも楽しいものですが、宝くじに当たった場合、税金を支払う必要はあるのでしょうか。今回は宝くじのほか、競馬やTOTO、パチンコなどのギャンブルで儲けたときの税金を申告する必要があるのかについて詳しくお話していきます。

宝くじの当選金はなんと、非課税!

実は宝くじの当選金には「所得税を課さない」という決まりがあります。そのため、宝くじの当選金で3億円が当たっても税金を申告する必要はありません!宝くじの他、スクラッチやロト、totoなどのスポーツ振興くじも購入金額に税金が含まれているため、高額当選しても税金を支払う必要はナシ。

ただし、当選金を使って家を購入したり、資本金として事業を始めたりする場合、税務署からお金の出所を確認される場合があるので、銀行から「当せん証明書」を発行してもらうようにしましょう。

ギャンブルによっては「一時所得」とみなされ確定申告が必要なものも

宝くじもギャンブルも同じようなものと考えがちですが、実はギャンブルの種類によっては儲けた金額が一時所得とみなされ、所得税を支払うために確定申告する必要があるものもあります。

  • パチンコ、パチスロ
  • 競馬、競輪、競艇、オートレース
  • オンラインカジノや海外のカジノ

一時所得の基礎控除額は50万となっているため、これらのギャンブルで儲けた金額が50万円以下の場合、申告する必要がありません。

<負けレースの金額は差し引ける?>

「毎週、競馬場に通いつめて、万馬券を当てて100万円儲かった。でも負けレースの馬券の購入金額と相殺したら、50万円以下になる。その場合、申告しなくていい?」という質問への答えはNO。負けレースの馬券は経費と認められないので、この場合も申告する必要があります。ちなみに宝くじと違って、競馬の配当金の支払いは現金のみ。高額の配当を受け取ったら、タクシーで帰るべきでしょう。

<パチンコで儲けたお金は?>

パチンコやパチスロで50万円位以上、儲けた場合も確定申告が必要となりますが、申告している人がほとんどいないのが現状。なぜなら、パチンコは「景品を現金に交換している」というのが原則だから。収支を証明する書類などもなく、申告する必要があるほど稼いでいる人も少ないためパチンコの収入を申告している人はあまりいません。ただし、パチプロと呼ばれるような職業としてパチンコ、パチスロをしている人はきちんと申告しているようです。

<カジノで儲けたお金は申告が必要>

オンラインカジノは合法か違法かという議論が先立ちそうな内容ですが、オンライン上に儲けが出たという証拠が残っている限り、申告はした方がいいでしょう。

また海外のカジノで高額の儲けが出た場合、国によって税金の申告方法が異なります。

例えば、アメリカでは儲けた金額を受け取るときに、税金を差し引いて支払われる場合があります。この際、州政府と連邦政府に税金を納めたという証明書が発行されます。ただし、本来アメリカに住んでいない旅行客が税金を支払う必要はないので、満額払ってくれるカジノもあるようです。残念ながら、いずれのケースでも日本で確定申告と入国審査時に「100万円以上の現金を持っている」という申告は必要となるので、注意してください。

ちなみに、カジノで遊ぶために日本から100万円持ち出したというときも出国時に申告するようにしましょう。この手続きを忘れて帰国時に現金を持っていることが見つかってしまうと、海外での一時所得として税金支払わなければならなくなります。

おわりに

ギャンブルも種類によっては税金の申告が必要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。うっかり申告を忘れてあとから追徴課税……ということがないように、確定申告が必要かどうかは早めに調べておくようにしてくださいね。

・執筆: jobFeed編集部