マネージャーやリーダーになる前に読むべき!?googleが定めた良きマネージャーの条件。

仕事

一部のスペシャリストを除いて、一般的な企業では昇格ラインにリーダーやマネジャーという管理職を置いている。

プレイヤー1人が会社に対して貢献できる力よりも、後世に繋がる人材を育成できるリーダーやマネジャーの方が、社に取っては(中長期的にみても)有益な存在であるだからだ。

あなたがもし優秀な人材であるのにも関わらず、会社からの評価を得ていないのであれば、プレイヤーに対して正当な評価を与えてくれる会社に転職するか、マネジメントができる人材になるか、方法は2択しかないと思っている。

繰り返しになるが、あなたがマネジメントを嫌いか好きかは関係なく、社に取ってどちらが有益な存在かそれを考えれば答えは自ずとみえてくるので、今一度その理由を考えてみてほしい。

マネージャーやリーダーになる前に読むべき!?googleが定めた良きマネージャーの条件。

今日はかの有名なgoogleが定めた良きマネージャーの8つの条件をお伝えする。彼ら自身が良きマネージャーを求めていた時に、多数の議論とアンケートを元に導きだした答えだそうだ。

1. Be a good coach
良き指導者である。

2. Empower you team and don’t micromanage
チームに権限を持たせ細かいところは管理しない。

3. Express interest in team member’s success and personal well being
チームメンバーの成功、個々の幸せに感心を持つ。

4. Don’t be a sissy-be productive and results-oriented
生産的で結果重視である。

5. Be a good communicator and listen to your team
コミュニケーション能力が高い。

6. Help your employees with career development
キャリア開発を手助けできること。

7. Have a clear vision and strategy for the team
チームに対して明確なビジョンを持っている。

8. Have key technical skills so you can help advise them
チームに助言を出来るテクニカルスキルを持つ。

どうだろうか、かなり論理的で的を得た8カ条となっているのではないだろうか。

もしあなたがマネージャーやリーダーを目指しているのならば、足りていない要素を受け止め、補うべきだし

もしあなたが現在マネージャーやリーダーで、部下からの信頼を得られていないのであれば、自身になにが足りないのかを今一度考えてみてほしい。

最初からできる人なんていないのだから、今の自分を客観的にみて、足りないものを補う努力をすれば、きっとあなたは近いうちに皆から信頼される上司になっているだろう。